感染対策

INFECTION CONTROL

– 感染対策 –

Standard Precautions
すべての患者さんに対して、確実な感染予防策を。

すずき歯科医院では、院内の感染予防にあたりスタンダードプリコーション(標準感染予防策)を徹底しています。

スタンダードプリコーションとは、

・感染症の有無に関わらず全ての患者さんを対象とし、
・血液、汗以外の体液、分泌液、排泄物、傷のある皮膚、粘膜の全てに対して感染原因を含んでいる可能性があると想定すること

つまり・・・

感染症を持った患者さんと持たない患者さんによって感染対策に差をつけず、
どんな患者さんに対しても確実な感染予防策を適用するという考え方です。

歯科医院には毎日たくさんの患者さんが来院し、たくさんの処置が行われています。
数年前から「医療器具の使い回し」が取り沙汰される歯科業界ですが、
わたしたちは院内感染対策に自信を持っています。

レベルの高い感染対策を実際に行うことは容易なことではありません。
理由は、
・歯科の切削器具(ハンドピース)は1本10〜20万円と高価であり、滅菌回数を重ねるほど寿命が縮まる
・滅菌機器は高価なものが多く、滅菌作業にも人件費がかかる
など、患者さんの目には届かないところで多くのコストがかかるからです。

しかし、すずき歯科医院では「レベルの高い治療」以上に「レベルの高い感染対策」を重視しています。
安全への努力の上に医療が成り立つという信念を持っているからです。

Sterilization Process
すずき歯科医院の滅菌工程

1. 器具分別・浸漬洗浄

器具を種類別に分別し、水に漬けて汚れを落としやすくします。

2. 超音波洗浄

超音波振動を発生させる水槽に分別した器具を入れ、細かい汚れを落とします。

3. 熱水洗浄・乾燥

食洗機で熱水洗浄、すすぎ、乾燥まで行います。

4. 滅菌パック

基本5点セット、各専用器具ごとに滅菌パックし、滅菌への準備が完了します。

5. 滅菌・消毒処理

各器具ごとに滅菌・消毒処理をします。

6. 紫外線殺菌庫にて保管

滅菌処理が行われた器具は紫外線殺菌庫にて保管されます。

7. 診察ユニットへ

患者さんの治療直前に殺菌庫から取り出され、診察ユニットに運ばれます。

滅菌・消毒・除菌システム Part.1
高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)とは、圧力釜のような装置を使用した高温・高圧(約130℃)の飽和水蒸気による滅菌処理のこと。蒸気が隅々まで行き渡ることで器具の細かい部分までの滅菌処理が可能で残留毒性もないため最も安全で確実な滅菌方法とされています。ただし、耐熱性のない器具には使用できません。

すずき歯科医院では、ピンセット、ミラー、印象トレー、抜歯鉗子など熱処理をしても変形をしない金属に使用しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.2
コンビネーション滅菌

精密機器であるハンドピース(歯牙を切削したりする専用器具)は非常に複雑な構造であり、内部に侵入した血液、唾液、切削カスなどは手洗いで取り除くことは不可能ですが、DAC Universalを使用すれば洗浄・注油・滅菌を6本同時に16分で完了することができます。これにより全てのハンドピースを患者さんごとに滅菌された状態で使用することができます。現在、全自動でこれらのコンビネーション滅菌を行える機器は世界でこのマシンだけです。

すずき歯科医院ではこの機器を2台導入しており、常にフル稼働させ、全ての患者さんごとにハンドピースを滅菌された状態で提供することを実現しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.3
低温プラズマ滅菌

低温プラズマ滅菌とは、真空状態の機械内部に気化した過酸素水素ガスをプラズマ化させ、フリーラジカルによって微生物をDNAレベルで不活性化させる滅菌処理のことです。55℃未満の低温かつ約20分の短時間で滅菌できるため熱に弱い器具も滅菌可能であり、滅菌後は水と酸素に分解されるため安全性が高いことがメリットです。

すずき歯科医院では、主にインプラント手術に用いる器具を低温プラズマ滅菌しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.4
ホルムアルデヒド消毒

ホルムアルデヒド消毒とは、B型・C型肝炎ウイルス、HIVウイルス、芽胞などを死滅させることができるホルマリンガスを約25〜30℃の常温・常圧で庫内に充満させる消毒処理のこと。オートクレーブには使用できない熱に弱い器具や精密器具の消毒に適しています。すずき歯科医院で使用している「ホルホープデンタル」はガスの毒性を自動中和し残存させない安全対応機器です。

すずき歯科医院では主にバー(歯を削る器具のドリル部分)、バー(歯石を除去する器具の先端部分)、ファイル(歯の根管内の汚れを除去する針のような器具)、ゴム製品、プラスチック製品など熱に弱い器具に使用しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.5
院内ウォーターライン除菌

すずき歯科医院では、歯科ユニットウォーターライン除菌システム「ポセイドン」を導入しており、院内に流れる全ての水を水道水から中性電解水に浄化しています。より良い治療のためにより良い水を使用することがすずき歯科医院のこだわりです。

INFECTION CONTROL

感染対策

Standard Precautions
すべての患者さんに、
確実な感染予防策を。


すずき歯科医院では、院内の感染予防にあたり
スタンダードプリコーション(標準感染予防策)
を徹底しています。

スタンダードプリコーションとは、
・感染症の有無に関わらず全ての患者さんが対象
・血液、汗以外の体液、分泌液、排泄物、傷のある皮膚、粘膜の全てに対して感染原因を含んでいる可能性があると想定する
つまり・・・
感染症を持った患者さんと持たない患者さんによって感染対策に差をつけず
どんな患者さんに対しても確実な感染予防策を適用するという考え方です。

歯科医院には毎日たくさんの患者さんが来院し、たくさんの処置が行われています。
数年前から「医療器具の使い回し」が取り沙汰される歯科業界ですが、
わたしたちは「院内感染対策に多大なコストをかけています。」と自信を持って言えます。
レベルの高い感染対策を実際に行うことは容易なことではありません。
理由は、
・歯科の切削器具(ハンドピース)は1本10〜20万円と高価であり、滅菌回数を重ねるほど寿命が縮まる
・滅菌機器は高価なものが多く、滅菌作業にも人件費がかかる
など、患者さんの目には届かないところで多くのコストがかかるからです。
しかし、すずき歯科医院では「レベルの高い治療」以上に「レベルの高い感染対策」を重視しています。
安全への努力の上に医療が成り立つという信念を持っているからです。

Sterilization Process
すずき歯科医院の滅菌工程

1. 器具分別・浸漬洗浄

器具を種類別に分別し、水に漬けて汚れを落としやすくします。

2. 超音波洗浄

超音波振動を発生させる水槽に分別した器具を入れ、細かい汚れを落とします。

3. 熱水洗浄・乾燥

食洗機で熱水洗浄、すすぎ、乾燥まで行います。

4. 滅菌パック

基本5点セット、各専用器具ごとに滅菌パックし、滅菌への準備が完了します。

5. 滅菌・消毒処理

各器具ごとに滅菌・消毒処理をします。

6. 紫外線殺菌庫にて保管

滅菌処理が行われた器具は紫外線殺菌庫にて保管されます。

7. 診察ユニットへ

患者さんの治療直前に殺菌庫から取り出され、診察ユニットに運ばれます。

滅菌・消毒・除菌システム Part.1
高圧蒸気滅菌

高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)とは、圧力釜のような装置を使用した高温・高圧(約130℃)の飽和水蒸気による滅菌処理のこと。蒸気が隅々まで行き渡ることで器具の細かい部分までの滅菌処理が可能で残留毒性もないため最も安全で確実な滅菌方法とされています。ただし、耐熱性のない器具には使用できません。

すずき歯科医院では、ピンセット、ミラー、印象トレー、抜歯鉗子など熱処理をしても変形をしない金属に使用しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.2
コンビネーション滅菌

精密機器であるハンドピース(歯牙を切削したりする専用器具)は非常に複雑な構造であり、内部に侵入した血液、唾液、切削カスなどは手洗いで取り除くことは不可能ですが、DAC Universalを使用すれば洗浄・注油・滅菌を6本同時に16分で完了することができます。これにより全てのハンドピースを患者さんごとに滅菌された状態で使用することができます。現在、全自動でこれらのコンビネーション滅菌を行える機器は世界でこのマシンだけです。

すずき歯科医院ではこの機器を2台導入しており、常にフル稼働させ、全ての患者さんごとにハンドピースを滅菌された状態で提供することを実現しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.3
低温プラズマ滅菌

低温プラズマ滅菌とは、真空状態の機械内部に気化した過酸素水素ガスをプラズマ化させ、フリーラジカルによって微生物をDNAレベルで不活性化させる滅菌処理のことです。55℃未満の低温かつ約20分の短時間で滅菌できるため熱に弱い器具も滅菌可能であり、滅菌後は水と酸素に分解されるため安全性も高いことがメリットです。

すずき歯科医院では、主にインプラント手術に用いる器具を低温プラズマ滅菌しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.4
ホルムアルデヒド消毒

ホルムアルデヒド消毒とは、B型・C型肝炎ウイルス、HIVウイルス、芽胞などを死滅させることができるホルマリンガスを約25〜30℃の常温・常圧で庫内に充満させる消毒処理のこと。オートクレーブには使用できない熱に弱い器具や精密器具の消毒に適しています。すずき歯科医院で使用している「ホルホープデンタル」はガスの毒性を自動中和し残存させない安全対応機器です。

すずき歯科医院では主にバー(歯を削る器具のドリル部分)、バー(歯石を除去する器具の先端部分)、ファイル(歯の根管内の汚れを除去する針のような器具)、ゴム製品、プラスチック製品など熱に弱い器具に使用しています。

滅菌・消毒・除菌システム Part.5
ウォーターライン除菌

すずき歯科医院では、歯科ユニットウォーターライン除菌システム「ポセイドン」を導入しており、院内に流れる全ての水を水道水から中性電解水に浄化しています。より良い治療のためにより良い水を使用することがすずき歯科医院のこだわりです。

診療時間

09:30〜13:00
14:30〜19:30
09:30〜12:30
14:00〜18:30

△祝日が平日の場合…9:30〜13:00/14:30〜19:30
△祝日が土曜の場合…9:30〜12:30/14:00〜18:30
急患最終受付…月〜金:18:00/土曜:17:00
GW・年末年始休診あり

2022年 1月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

9:30〜13:00/14:30〜19:30

9:30〜12:30/14:00〜18:30

9:30〜12:30/13:30〜18:00 矯正診療日

休診日

Connect with us and the
Dental World on Facebook.

Follow us and Share our photos
about Dentistry on Instagram.

Check and Join the conversations
about Dentistry on Twitter.

Watch and Enjoy our original videos
about Dentistry on YouTube.

すずき歯科医院ロゴ

〒437-0023

静岡県袋井市高尾1780

TEL:0538-42-8400 / FAX:0538-43-2260

院長 鈴木龍

すずき歯科医院ロゴ

〒437-0023

静岡県袋井市高尾1780

TEL:0538-42-8400

FAX:0538-43-2260

院長 鈴木龍